Oh!キャッシングFLASH!!

どこからも融資を断られてしまったら…中堅業者という最終手段がある

どこからも融資を断られてしまったら…中堅業者という最終手段がある

あまりよくない状態ではありますが、多重債務になってしまい、にっちもさっちもいかない状況になっている方は、意外と多くいらっしゃいます。そして、このような方々は、残念ながら大手の消費者金融業者からキャッシングサービスを利用することが難しい状態となってることも。ここでは、このような状況になってしまった場合の、対処法をお話していきたいと思います。

 

 

大手金融業者でキャッシングが出来ない状態になったら?

貸金業法の総量規制が原因でキャッシングができない場合を除き、大手からキャッシングを断られてしまった状況。これは、恐らく利用者の属性が悪かったと言わざるを得ません。例えば、頻繁に返済を滞ってしまっていたり、職業を転々としていたり、さまざまな理由が考えられます。こうなってしまうと、頼みの綱は中堅業者になってきます。

 

なぜ中堅業者なのか?

理由は簡単で、中堅業者は大手業者の審査に落ちてしまった方をターゲットにしているからです。簡単に言えば「大手より審査を易しくしている」ということです。ただし、頭に入れておきたいことがあります。

 

中堅業者自身も、大手が断った利用者が「危ない」とよく理解しています。要は、貸し倒れになってしまうリスクが大きいことは重々に承知をしているということ。こうなってしまうと、リスクヘッジをするために取る行動は「キャッシング枠を小さくする」となります。つまり審査には通るものの、満足にキャッシングができるということは少ないでしょう。0を選ぶか1を選ぶか、というところです。

 

したがって、中堅業者を利用する場合には、キャッシング可能額が希望通りに行かないことがあるということは承知の上で利用するようにしましょう。多重債務者ならすでに心得ているかとは思いますが、限度額が少ないからと言って中小業者を何社も利用して総額を上げようという手は通じませんし、おすすめもしません。中小業者は最後の頼みの綱として正しく使っていきましょう。

 

中堅業者のサービスを過信しない

中堅業者を利用する上で注意しなければならないのは、サービス面への期待です。大手業者を利用したことがある人は多いと思いますが、中堅業者も同じものとして考えてはいけません。中堅業者は利用者が少ない分、大手のような手厚いサポートを受けることができません。もちろん全国にATMを持っていませんし返済日の前にメールでお知らせをしてくれる便利な機能もありません。つまりそれは、より高い管理能力、計画性が求められるということにもなります。気をつけましょう。