Oh!キャッシングFLASH!!

キャッシングって返済が遅れると過剰な取り立てがあるの?

キャッシングって返済が遅れると過剰な取り立てがあるの?

 

消費者金融業者に対する世間の目は、まだまだ厳しいモノがあります。なぜ厳しいのか?の理由はいくつもありますが、中には間違った知識から、このようなイメージをしている方がいらっしゃるのも事実。例えば、今回のテーマとなる「暴力に物を言わせる過剰な取り立て」です。本当にこんなことがあるのか?をお話していきます。

 

 

過剰な取り立ては「ない」です

結論から言えば、正規の消費者金融業者であれば、このような過剰な取り立ては、まずありえません。理由は簡単で、法に触れてしまうからです。貸したお金が返ってこないことより、一件の暴力沙汰で世間の評判を落とす方が余程ダメージが大きいという認識なのかもしれません。また、暴力沙汰が発覚すれば、営業停止命令も避けられないでしょう。より深刻なダメージになることは明白です。

 

もし、返済を延滞してしまった場合は、電話連絡や郵送での連絡など「返済はどうなっていますか?」という確認があるだけです。要は、何かしらのアクションはありますが、過剰な取り立てはないことは頭にいれておきましょう。

 

大手なら過剰な取立ては絶対にありえないと述べましたが、中堅業者なら過剰なら取立てがあるのでしょうか。中堅ならば絶対ではありませんが、基本的には無い、というのが一番適した表現かもしれません。なぜなら知名度も少ない分、問題が発覚したときのダメージも少ないからです。大手のように評判がガタ落ちして存続の危機にまで陥るということも少ないため、「貸し倒れになるよりもある程度は強引に取り立てよう」という考えになるところも少なからずあるのが事実です。ただし、法に触れてしまうという点は大手とは変わらないので、大半は安心して利用できます。

 

ちなみに、もし過剰な取り立てを受けてしまった場合は、消費者生活センターなどに相談してください。

 

基本的に返済が遅れることはご法度

そもそも返済が遅れることは決してやってはいけない行為です。借りたものは返すという当たり前の話はもちろんのこと、信用情報機関に延滞ありと記録されてしまうデメリットも発生します。したがって、過剰な取り立てを心配する前に、延滞しないように気をつけることが大切です。それでも、もし返済が遅れてしまいそうであれば、先に消費者金融業者に連絡を入れてください。必ず相談に乗ってくれますし、対処法も一緒に考えてくれます。いわば、相手はプロなので、この手の問題は日常茶飯事。したがって、返済ができる目処をつけつつも、相談するようにしてください。