Oh!キャッシングFLASH!!

いろいろなキャッシングサービスが世の中には存在する

Oh!キャッシングFLASH!!

 

キャッシングと耳にすると、多くの方が消費者金融業者のサービスを思い浮かべるかと思います。しかし、クレジットカードのキャッシングサービスを思い浮かべる方も多いかもしれません。さらに言えば、銀行のキャッシングサービスも存在します。このように、一言でキャッシングと言っても、さまざまな種類が存在します。

 

各々の違いはなにか?

これからキャッシングサービスを利用する方にとっては大切な知識のため理解しておくとよいかと思います。

 

大きな意味で捉えれば、全て同じ意味になります。キャッシングとは「お金を一時的に借りて、利息をつけて返済しますよ」というサービスですね。

 

しかし、細かい意味では、銀行と消費者金融業者のサービス内容は異なります。違いは、貸金業法に基づいてサービスを提供しているか?の違いです。前者の銀行は基づいていません。対して消費者金融業者は貸金業法に則ってサービス提供をしているのです。いわゆる「総量規制の対象・対象外」という違いのお話ですね。

 

では、クレジットカードのキャッシングサービスはどちらに属するのか?答えは、後者の貸金業法に則ってサービス提供をしている側となります。したがって、消費者金融業者と同等の意味のサービスになることに。

 

まとめると

消費者金融・・・アコム、モビット、プロミスなど⇒総量規制の対象

 

クレジットカード・・・オリコ、セゾン、セディナなど⇒総量規制の対象

 

銀行・・・三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、楽天銀行など⇒総量規制対象外

 

ここで1つ浮かぶ疑問が、銀行が発行しているクレジットカードはどっちに当てはまる?ということ。例えば、三井住友銀行は銀行なので総量規制対象外ですが、三井住友VISAカードはどちらなのか?楽天は楽天銀行を運営していますが、楽天カードはどうなのか?結論を言いますと、クレジットカードのキャッシングは基本的にどこのものでも総量規制の対象になります。

 

となると1点、気を付けなければならないことがあります。もし、クレジットカードのキャッシング枠がある状態で、消費者金融業者でキャッシングをしようと思ったとき、総量規制の対象となるということ。したがって、クレジットカード3枚を所持しており、各々で20万円ずつの枠があった場合、計60万円となります。もし年収が300万円で、消費者金融業者に50万円のキャッシングを申し込んだ場合、合計110万円となり総量規制の年収3分の1に引っかかってしまうことに。よってこの人はもう総量規制対象のキャッシングを利用できません。

 

ですがキャッシングの良いところは繰り返し利用できるというところ。その後返済をして、借入が100万円以下になったらまたそれだけキャッシングができることになります。今の例の場合、10万円を借りられるようになるには、あと20万円を返済しなければなりませんね。

 

このように、意外と知られていない事実のため、気を付けてサービスの利用をしていきたいところですね。